相双信用組合
  地域密着型金融の取組み(平成21年4月〜平成22年3月)
1.項目 【大項目】 ライフサイクルに応じた取引先企業の支援強化
【小項目】 経営改善支援
【大項目】地域の情報収集を活用した持続可能な地域経済への貢献
【小項目】地域活性化につながる多様なサービスの提供
【大項目】事業価値を見極める融資手法をはじめ中小企業に適した資金
供給手法の徹底
【小項目】「目利き機能」の発揮に向けた取組
2.タイトル リレバンの継続としての地域中小企業に対する経営相談及び経営改善
指導
顧客満足度向上の為の取組 企業の将来性、技術力を的確に評価できる能力、人材育成への取組
3.動機(経緯) 当組合は営業地域・取引先が限定された相互扶助の協同組織金融機関で
あり、地域とは共存共栄の関係にあることを十分認識しており、長期景
気低迷の中、地域事業者は厳しい経営状況にある中で、その取引先の経
営改善支援に努める。
相互扶助の協同組織金融機関として、地域利用者の利便性向上に努め
る。
経営相談能力・事業再生支援向上の為には、職員のスキルアップが不可
欠。
4.取組み内容 @ 取組みの概要
平成20年度より実施してきている地域力連携拠点事業における経
営相談、経営指導を主体として引続き積極的に取組む。
A 取組みの具体的内容
地域力連携拠点事業として外部の中小企業診断士を応援コーディネ
ーターとして取引先の経営改善支援、当組合職員のスキルアップを図
った。
相談事業先54先、専門家派遣先20先をリストアップして定期的に
訪問しヒアリングにより実態把握をなし改善計画書の策定支援、経営
革新計画の策定支援等を実施した。
@ 取組みの概要
・CS向上のためのアンケートを実施。
・定期的CS委員会開催によるCS向上策のため検討実施。
・福島県内4信用組合で独自の景況調査実施。
・夜間窓口融資相談会の開催。
A 取組みの具体的内容
・CS向上のためのアンケートを実施による、顧客満足度の調査。
・定期的CS委員会開催による、CS向上策のための協議検討会を実施。
・福島県内4信用組合で独自の景況調査実施のうえ、取引顧客への情報
提供。
・時間外融資相談者の利便性を図るために夜間窓口融資相談会を定期的
に開催。
@ 取組みの概要
信用組合上部団体による、研修会への参加。
・TKC税理士と連携を図った勉強会の開催。
A 取組みの具体的内容
・全国信用組合中央協会主催の研修会及び福島県信用組合協会主催の研
修会への参加と参加者を講師としたフィードバック研修の開催
・TKC税理士会の会員を講師とした勉強会の開催
5.成果(効果) 【相手方にとっての成果】
実績としては、相談実施件数105件、専門家派遣件数39件、
「経営革新計画」の認可1先
【当行(金庫・組合)にとっての成果】
相談事業から新規融資に結びついた実績は2先、34,000 千円
【相手方にとっての成果】
・アンケート結果を踏まえ、お客様の意見を業務運営に反映させた。
・四半期毎の景況調査を実施し、お客様への還元を図った。
・時間外融資相談者の利便性の為に毎週火曜日午後5:00〜7:00
までの間で実施し主に勤労者に対する融資相談業務。
【当行(金庫・組合)にとっての成果】
・CS委員会の目線でCS向上のための方策を実施。(窓口対応向上・
店舗の環境改善等)
【相手方にとっての成果】
各種講座、セミナーへの参加により経営相談・経営指導のノウハウ習
得に基づく顧客ニーズへの対応力が向上した。
【当行(金庫・組合)にとっての成果】
・全国信用組合中央協会主催の研修「事業所開拓」2名「融資審査」2
名が受講した。
・福島県信用組合協会主催の講座「企業取引開拓」4名「融資渉外」3
名「金融法務」4名「ファイナンシャルアドバイザー」3名が受講し
た。
受講後、当該者を講師としたフィードバック営業店研修を開催してい
る。
・TKC相馬会の税理士会メンバーを招集し、役職員16名参加による
勉強会の開催
6.22 年3 月まで
の取組み状況に
対する分析・評価
及び今後の課題
【評価】
取引先の経営支援ニーズに対して中小企業診断士による適切なアド
バイスにより一定の成果として顧客満足が得られたものと判断する。
【今後の課題】
中小企業診断士との同行訪問により当組合職員のスキルアップを目
指してきたが、まだまだそのレベルに達していなことより今後は職員
セミナーを実施して更なるスキルアップを図る。
【評価】
・顧客満足度の調査及びそれに対する改善策等が形骸化しないよう本来
の満足度高めるべくCS委員会のレベルの向上を図る。
・夜間窓口融資相談会の来店客が低調な状況にあるので、地域顧客にも
っと周知して継続していく。
【今後の課題】
CS活動の充実及び融資相談会の周知活動を継続し、地域顧客になく
てはならない金融機関として貢献していく。
【評価】
職員のスキルアップのため従来の研修会の他、「地域力連携拠点事業」
活用に伴い、研修会の機会を増やしたが、中小企業支援対応にはまだ
不十分であり、今後も継続的に研修会に参加し、中小企業診断士よる
勉強会を開催し、職員のスキルアップを図っていく。
【今後の課題】
各種研修会の参加だけではなく、フィードバックの密度を高めて、職
員のスキルアップにつながるよう目指す。